障害年金 裁定請求

社労士(特定社会保険労務士)


LinkIconスマホ・モバイル版はこちらへどうぞ。
社会保険労務士
まずは電話、メールなどにてご連絡ください(電話での15分程度以内の初回相談は無料です)。
なお、電話でのお問い合わせについては、平日夜、もしくは土日祝日でも事務所にいる限りは対応しております。
不在のときでも携帯までご遠慮なくおかけ下さい。
■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい。(~22:00)
■夜中の時間帯での相談も受け付けています。

お問い合わせ、ご相談のメールは下記までお願いします。
メールはこちらまでお願いします。メール sr@shi-bu.sakura.ne.jp

法人設立 法人設立に伴う労働保険・社会保険手続 助成金各種申請手続き 年金相談 離婚に伴う年金分割


HOME

法人設立(澁谷行政書士事務所)

就業規則

労働保険・社会保険加入手続

HOME > 障害年金裁定請求


建設業許可申請(澁谷行政書士事務所)

産業廃棄物収集運搬業許可申請
         (澁谷行政書士事務所)

一般貨物自動車運送事業経営許可
         (澁谷行政書士事務所)

Contact(お問い合わせ)

障害年金 裁定請求


・障害給付裁定請求書
・診断書
・受診状況等証明書
・病歴・就労状況等申立書

事後重症・遡及請求についてもご相談下さい。

精神の障害に係る障害年金につき、ご相談下さい。

障害認定日

障害認定日とは、障害の程度の認定を行うべき日をいい、請求する傷病の初診日から起算して1年6月を経過した日、または1年6月以内にその傷病が治った場合においては、その治った日(その症状が固定し、治療の効果が期待できない状態に至った日を含む)をいいます。

事後重症による年金

事後重症による年金とは、傷病により障害の状態にあるものが、障害認定日において政令で定める障害等級に該当する程度の障害の状態に該当しなかった場合で、当該傷病による障害により65 歳に達する日の前日までに、政令で定める障害等級に該当する程度の障害の状態に該当し、かつ、65 歳に達する日の前日までに裁定請求のあった場合に支給する年金をいいます。