社労士(特定社会保険労務士)


LinkIconスマホ・モバイル版はこちらへどうぞ。
社会保険労務士
まずは電話、メールなどにてご連絡ください(電話での15分程度以内の初回相談は無料です)。
なお、電話でのお問い合わせについては、平日夜、もしくは土日祝日でも事務所にいる限りは対応しております。
不在のときでも携帯までご遠慮なくおかけ下さい。
■平日夜、土日祝日でもご遠慮なくお問い合わせ下さい。(~22:00)
■夜中の時間帯での相談も受け付けています。

お問い合わせ、ご相談のメールは下記までお願いします。
メールはこちらまでお願いします。メール sr@shi-bu.sakura.ne.jp

法人設立 法人設立に伴う労働保険・社会保険手続 助成金各種申請手続き 年金相談 離婚に伴う年金分割


HOME

法人設立(澁谷行政書士事務所)

就業規則

労働保険・社会保険加入手続

HOME > 解雇(解雇予告手当)


建設業許可申請(澁谷行政書士事務所)

産業廃棄物収集運搬業許可申請
         (澁谷行政書士事務所)

一般貨物自動車運送事業経営許可
         (澁谷行政書士事務所)

Contact(お問い合わせ)

解雇(解雇予告手当)

解雇(解雇予告手当)


解雇に関する相談では、解雇予告手当についてもよく質問を受けます。労働基準法では、解雇予告手当について、下記のように規定されています。

(解雇制限)
第19条 使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が第65条の規定によつて休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第81条の規定によつて打切補償を支払う場合又は天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合においては、この限りでない。
2 前項但書後段の場合においては、その事由について行政官庁の認定を受けなければならない。

(解雇の予告)
第20条 使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告をしない使用者は、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。但し、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合又は労働者の責に帰すべき事由に基いて解雇する場合においては、この限りでない。
2 前項の予告の日数は、1日について平均賃金を支払つた場合においては、その日数を短縮することができる。
3 前条第2項の規定は、第1項但書の場合にこれを準用する。

※実務では、使用者、労働者いずれも明らかに誤まった見解で解釈されているケースも少なくありません。